楽天カード 世帯年収

楽天カードの申し込みで世帯年収の欄は、一人暮らしの学生の場合にはどうやって記入すべきなんでしょうか?

答えは住居が別でも住民票を実家のまま動かしていないなら実家の父母の年間収入を含めた世帯年収で書く。

住民票を一人暮らししている場所に移動しているなら、学生本人だけの年収を書くことになります。

住民票の移動によって世帯年収は判断して楽天カードを申し込みましょう。

→ 世帯年収で審査される楽天カードを申し込む

 

世帯年収はどうやって書くの?親と同居と一人暮らしのケース別

楽天カードには学生向けに限らず世帯年収を書く欄があります。

  • 学生で一人暮らしでも住民票を移していないなら、実家の両親の年収も含めたものが世帯年収
  • 学生で住民票を移しているなら、仕送りやアルバイトなどの自分だけの収入が世帯年収

が楽天カードを申し込む際の世帯年収の正しい書き方になります。

そもそも世帯年収とは?

世帯年収とは「一家族の生計を立てる年収」になります。

つまりその家族が生活するために稼いでいる家族全員の1年間の収入の合計と言うわけです。

 

学生の世帯年収はどう書く?

それでは学生が楽天カードを申し込む場合の世帯年収はどう書けばいいんでしょうか?

実家暮らし(親と同居)と一人暮らしでは世帯年収の書き方に違いがあるのでしょうか。

学生で実家暮らしの場合

学生で実家の暮らし(両親と同居)の場合、自分の年収と親の年収を合わせた金額を書く形になります。

例をあげて説明すると

  • 父  会社員 年収500万円
  • 母  パート 年収100万円
  • あなた バイト 年収50万円

この場合は500万+100万+50万=650万円があなたの世帯年収になります。

あくまでも同居している家族全員の年収を計算して書くようになります。

 

学生で一人暮らしの場合

学生で一人暮らし(両親と別居)の場合はどうなのでしょうか?

なんだか実家暮らしとは違う書き方があるのかと思いますよね。

でも結局は実家暮らしと同じで、家族全員を会わせた年収を書く形になります。

 

一人暮らしでも住民票を移してないなら同居と同じ

でもなぜそうなるのでしょうか?

一人暮らしをしているので家族と住んではいないのに少し違和感をかんじますが、何故かというと戸籍に理由があります。

大半の学生の場合は住民票はそのままで一人暮らしをしている場合がほとんどです。

そうつまり戸籍上は家族と暮らしているということになっているのです。

もっと簡単に言えば長い旅行に出てホテルで長期滞在しているのと同じ扱いになってしまうのです。

そのため家族全員の収入を合わせた額で世帯年収を書く形になるわけです。

 

逆に学生であっても住民票を移した場合は、家族と住んでいないことになるので世帯年収は自分だけの年収飲みを世帯年収として記入します。

この場合の世帯年収は、実家からの仕送りのお金やアルバイトで稼いだお金を合計して書くのが適当となります。

同居かどうかは、住民票がそのままか別になっているかにかかっているわけです。

 

学生の本人年収でアルバイト代はどうなる?

楽天カードの申し込み画面では、本人年収の記入欄がありますが学生でアルバイトを全くしておらず年収0円みたいな感じだとどうすればいいのでしょうか?

まさかの収入0円と記入してもいいのかと不安に感じる学生さんもいるでしょうね。

学生の場合は年収0円でもOK

実は学生の場合は楽天カード申込で年収の欄は0円でも問題ありません。

実は言うとカード会社も学生に対しては年収は特に求めてはいません。

ちゃんと学校に行っていて親からの支援があればそれで問題ないと考えています。

そのため特に収入は0円と記入しても問題がないわけです。

アルバイトをしていればバイト収入を書く

もちろんアルバイトをしている状態であれば年間のバイト代を合計して記入すればいいです。

自分も楽天カードではありませんがDCカードの学生専用カードを申し込む際にバイト代が月に3万から4万円くらいだったので年収45万円と記入した覚えがありますが問題なく審査を通過しました。

別に0円でも問題はないと思いますが、もしアルバイトなどで収入があればその金額を書いても大丈夫です。

嘘はダメ!

当然ではありますが嘘の申告などは行ってはいけません。

たとえば学生なのに社会人並に年収があるなどあきらかにおかしい書き方などをすると逆にカード会社が怪しみ最悪審査落ちすることもありえます。

もし収入がないなら正直に0円と書きバイト代が少しあるのであればバイト代をはっきりと書きましょう。

 

世帯年収は大体の金額でもいい?

世帯年収は〇〇万円くらいの大体の金額でも大丈夫です。

学生で両親に年収を聞きにくいとか、細かい金額は教えてくれない場合もあるでしょう。

その場合は、大まかに550万円とかの数字を書いても構いません。

実際に給料明細を合計した金額が548万円だったとか、楽天カードに申告した数字と若干の誤差があっても問題にはなりません。

もちろん、700万円と世帯収入に記入しているのに、実際は450万円だったなんていう大きくハズレた年収を書いてはいけません。

親御さんに聞けば、案外気軽に大体の年収は教えてくれるものですから、聞いた年収を合計して楽天カードを申し込んでください。

 

フリーターでも実家同居なら世帯収入は合算で



以上、学生一人暮らしは楽天カード世帯年収はどう書く?実家同居と本人収入の違い…という話題でした。

学生で楽天カードを申し込む際の世帯年収の取扱は

  • 住民票を一人暮らしの住所に移してる・・・学生だけのアルバイト代などを記入する
  • 住民票は実家のままで移していない・・・実家の父母を含めた世帯全体の年収を記入する

という単純な考え方になります。

もちろんクレジットカードの審査にあたっては、カード支払いしたお金をしっかりと返しくれるか、勤続年数や年収をもとに判断するので年収は多いに越したことはありません。

アルバイトだけの学生だけの年収だけでなく、実家のご両親の年収を世帯年収として加算できれば審査にも有利になるでしょうね。

フリーターの方であっても学生さんと同じで、親と同居しているなら両親と自分の収入を合計して、世帯年収として楽天カードを申し込んでください。

→ 世帯年収で申請できる楽天カードはコチラ

 

学生でアルバイトもしていない場合でも楽天カードを申し込みできるのかという切り口で書いた別記事もよければご覧ください。

【関連記事】 アルバイトしてない収入なし学生でも楽天カードは申し込める?