楽天カードの家族カードはお得?
家族の誰かが楽天カードを持っていたら
2人目はすぐに発行されるから
「楽天家族カードの方が良いのでは?」
って思い込んでいませんか。

普通に考えるとそう思うのが
常識的なのかもしれませんが

当サイトでは、そんな時でも
楽天カードを新たに本人名義で申し込む
ことを推奨します。

なぜ楽天カードの家族カードではなく
楽天カード(以降、本人名義なので
楽天本人カードと呼びます)を選ぶべきなのか
解説していきますね。

家族で2枚目でも楽天カードの方がお得

審査は世帯収入で判断される

世帯全体収入で判断

そもそも別のクレジットカードと比較して
楽天カードは作りやすいカードなんです。

学生や専業主婦でも申し込みやすい
楽天カードは、

旦那さん(夫)やご両親(親)の
年収を合算した世帯全体年収で
審査を行う
んです。

だから大々的にCMで言っているように
「学生さん、主婦の方でもOKなんです!」

つまり、
家族カードであっても、楽天本人カードであっても
審査されるのは世帯収入!

申し込む方の収入によって
審査が通りにくい、通りやすいという区別はありません。

※もちろん、申し込む方が過去に、
カード破産したなどの
悪いクレヒス(クレジットカード使用履歴)が
あるのなら、それは別の話です。

だから
収入審査のことを心配して
家族カードを選んで申し込む必要はないんです。

楽天本人カードを自信満々で申し込みましょう!

家族カードの入会ポイントは本人カードより低い!

ポイントが少ない

楽天本人カードに付帯して
家族カードを申し込む時にも

(キャパーンのタイミングにもよるんですが)
家族カード1枚当り、
1,000円~2,000円相当の
楽天スーパーポイントがプレゼントされます。

このプレゼントは、結構高くてお得に感じられますが
ポイント付与には条件があって

「一定期間中に家族カードで
合計10,000円以上買い物することが条件です」
などの注意書きがあったりするんです。

家族カードで入会ポイントをもらう例

例えば、楽天市場で家族カードを使って
1万円の買い物したら2倍のポイントが貰えるので

<獲得ポイント>
入会ポイント2,000+買い物ポイント200=2,200ポイント

<ポイント還元率>
2,200÷10,000=22%

22%のポイント還元率で、良さそうですね。

楽天本人カードなら申し込み&利用で5,000ポイントもらえる

ポイントが沢山もらえる

しかし、
楽天カードを申し込んだ場合、
「楽天e-NAVI」で受け取り申請するだけで
入会ポイント2,000円分くれるんです。

しかも
カード申し込み日の翌月までに
カード利用を1回するだけで、
さらに3,000ポイントくれます。

その上、
この時のカード利用額の縛りはありません
極端なことを言えば、1円の利用でもいいんです♪

キャンペーン特典ポイントを
もらえるハードルの低さが半端ありませんね。

楽天本人カードで入会ポイントをもらう例

例えば、わかりやすいように
楽天市場で1,000円の買い物を
楽天カードでした場合、

<獲得ポイント>
入会ポイント2,000+買い物ポイント20
+カード利用特典3,000=5,020ポイント

<ポイント還元率>
5,020÷1,000=502%

ナント、502%!もの還元率!

計算するほどもないですが
お得なことは、一目瞭然ですね!!

家族カードと楽天本人カードの比較

楽天カードを申し込む

家族カードを申し込んで
入会ポイントをもらうケースと
楽天カードを本人として申し込んで
入会+利用特典ポイントをもらうケースを
比べてみると、

9千円の支払いを節約して、約3千円分のポイントが
余分にもらえるということ。

つまり12,000円くらいの差額になるんです!!

<使ったお金>
10,000-1,000=9,000円

<もらえるポイント>
5,020-2,200=2,820ポイント

入会キャンペーンではさらにお得に

さらにテレビでCMしている
特別のキャンペーン時には入会ポイントが
2,000→5,000ポイントにアップ、

利用特典ポイントと合わせて
「8,000ポイントもらえる」
なんてこともあるんです!

お父さんが楽天カードを持っているときであっても
(奥さんやお子さんでも)
家族カードではなく、迷わずに

楽天カードを申し込まないと、
ホントに損しますよ!

家族カードより入会ポイントをたくさんもらえる
楽天カードは年会費も無料です。

楽天カードの公式サイトで詳細を確認